私の全身脱毛と鼻毛(ひげ)脱毛体験~契約から効果実感までの道のり~

長年、すぐに毛が生えてくることと、剃っても完全に剃りきれずチクチクと残ることが悩みでした。脱毛サロンのことは知っていましたが、何となく怖さもあり、踏み出せずにいました。しかし、友だちの勧めから、興味を持ち、まずは話を聞くだけか体験脱毛からと思い、脱毛サロンの予約をとりました。行く前は契約はしないで体験だけと思っていましたが、実際に話を聞いてみると契約をしたい気持ちになり、全身コース契約!初めのうちは全身脱毛9回コースを契約しましたが、2回目の脱毛後、ずっと気になっていた1つの鼻下(ひざ)も追加で契約しました。初回の脱毛は緊張しましたが、店員の方も慣れているので特に気にすることなく終了。まだコースの途中ですが、毛が生えてくるスピードが遅くなったこと、毛が少し薄くなってきたことの効果を感じています。9回を終えた時にはどうなっているか楽しみです。

痩せる具材盛りだくさんのとっても豪華なお好み焼きを食べていると太らないんです!

わたしのダイエット食はお好み焼きです。お好み焼きがなぜダイエット食になるのかというと、わたしが作るお好み焼きの具材に答えがあるのです。わたしが作るお好み焼きに入れている具材の主役はキャベツです。しっかり千切りにしたキャベツを山のように使います。それからたくあんです。たくあんというのは大根を干して漬け物液へ漬けた物で、ポリポリといい音を楽しむ食べ物でもあります。黄色のたくあんは安くて元々大根なのでヘルシー食材です。このたくあんを小さく刻みます。できるだけ小さく刻んで、こちらもたっぷりお好み焼きの中へ入れます。それから紅ショウガです。よく焼きそばに添えられている赤くて細切りにしてあるあの紅ショウガを、これまたお好みで加えます。わたしはちょっと多めに加えています。最後に千切りにしたピーマンを加えます。ピーマン入りのお好み焼きなんてと思われそうですが、わたしは大好きです。このお好み焼きを食べていると太りません。

クレンジングは鏡をしっかり見て汚れを全て落とすと肌はキレイになる

スキンケアで一番大切だと言われているのは、クレンジングと洗顔です。良い化粧品を使っていても、毛穴などにファンデーションなどが残っていては台なしです。そこで、私が以前、雑誌で見た効果的なクレンジングについてご紹介しようと思います。その方法は、クレンジングをする時に、しっかりと鏡を見ながら行う事です。もしも、拡大鏡などがあれば、それを使用する事をおすすめします。まず、クレンジング剤を手に取ったら、丁寧に摩擦を加えないように汚れを落としていきます。鏡を確認しながら、しっかりと全て落ちるように丁寧に行います。鏡を見る事で、落とし残しもなくなります。クレンジングをお風呂で片手間にやっている人もいるかもしれませんが、それは絶対にNGです。その後、クレンジング剤を同様に鏡を確認しながら、しっかりと流し落とします。鏡で確認すると作業はとても効果があります。ちょっと面倒かもしれませんが、この作業を毎日、行う事でかなり肌はキレイになります。特に新しい化粧品も必要としないので、時間さえあれば手軽に出来ます。これをやり始めてから、私の肌は見違えるようにキレイになりました。

保湿化粧水が肌に染みる時には一体どうしたら良いのかわかりやすく解説

保湿化粧水というのはスキンケアの一つとして重要ですが、中にはこの保湿化粧水が肌に染みるというケースもあるのではないでしょうか。そういった時にはどうしたら良いのか皆さんに解説しますので、今後保湿化粧水が染みた時の対処として覚えておきましょう。保湿化粧水が肌に染みる要因としては、肌が傷んでいる、または化粧水の成分の刺激が肌に強過ぎる、という事が考えられます。もしも肌の調子が悪く一時的に保湿化粧水が染みてしまうという事であれば、一時的に保湿化粧水の利用をやめれば回復した後にまた使えるようになるでしょう。無理に使い続けると余計に肌の状態を悪くしてしまう可能性があるので気をつけましょう。また成分があっていないという場合には、他の保湿化粧水に変えましょう。

継続的にスーパーフードを摂取するためには調理のしやすさや価格も大切

スーパーフードには色々な種類がありますが、味が好みでなかったり調理が面倒だと長続きしません。主婦にとっては価格も重要で、あまりに高価な食品は家計に響きます。数あるなかで私が一番気に入っているのがキヌアで、南米では古くから食べられてきた雑穀です。食物繊維、カルシウム、必須アミノ酸、鉄など女性にとって魅力的な栄養分を豊富に含むだけでなく低GI値であることも見逃せません。継続的に摂取する調理法としては白米に混ぜて炊くのが一般的ですが、スープやサラダにしてもプチプチした食感を楽しめます。くせが無い味なので、パンやクッキーに混ぜても美味しくいただけます。白米に混ぜて炊く場合は1~2割程度なので低GI値であってもあまりダイエット効果はありません。ダイエットしたい時にはキヌアサラダがお勧めです。茹でたキヌアをたっぷり使い、野菜やシーフード、鶏ムネ肉などを加えると一皿でボリュームも栄養も満点なサラダができます。最近は日本でも栽培されるようになったそうで、今後は国産キヌアがどこでも買えるようになるかもしれません。栄養はサプリメントよりは食品で摂る方が安心なので、これからもキヌアを活用していくつもりです。